勇気を持って包茎治療を受けよう

自分で行う包茎治療

包茎というのは男性からしてみれば恥ずかしいものです。

 

その時に包茎治療をしようと思いますが、クリニックに行くのも恥ずかしいと感じる人もいます。

 

そういった人には自分で行える包茎治療もあります。

 

 

 

まずは治療をしなくてはならないもの真性包茎がありますが、

 

これは勃起の有無関わらずに亀頭が皮から出ていない状態です。

 

これは包皮の穴が小さく、亀頭が出てこれない状態にありますので、これを広げる必要があります。

 

ピンセットのような専用器具を使い、毎日少しずつですが広げていくという方法です。

 

しかし中には癒着している事もあるので、その場合には慎重に行う必要がありますが、

 

これによって真性包茎から剥けた状態にする事も出来ます。

 

 

 

そして次に包茎には勃起している時には剥けるが、普段は皮を被っている状態の人がいます。

 

それが仮性包茎なのですが、これも自分で勃起治療する方法があります。

 

これは亀頭にリングのような器具を付け、剥き癖を付けるという方法です。

 

剥き癖を付ける事によって常時剥けた状態にするというのがこれの利点であります。

 

リングという事で勃起した時が気になりますが、一箇所に切れ込みが入っており、

 

勃起してしまった時にはその部分が開くので安心して付け続ける事ができます。

 

 

 

このように包茎治療は自分でも出来るものもあり、

 

他人に知られたくない場合にはまず実践してみると良いです。

包茎治療で人生が明るくなりました。

 

大人になるにつれて男性器は順調に成長していって皮もめくれたのですが、

 

少し問題を抱えていました。それは包茎です。

 

どうして皮がめくれたのに包茎の問題があるかということですが、

 

勃起時には皮がむけるので良いのですが、普通の状態の時には皮がかぶったままで、

 

私はいわゆる仮性包茎だということが分かりました。

 

仮性包茎は勃起した時にはしっかりと皮がめくれてくれますし、痛みもありません。

 

男性器が普通の状態でも皮をむくことができますし、むいても痛くなるということもないです。

 

ただ、仮性包茎は恥ずかしいという思いがあります。

 

人前で裸になる機会では常に男性器の皮がむけているか確認しないといけないので、

 

銭湯に行く時にはかなり恥ずかしい思いをします。そこで、包茎治療を行うことにしました。

 

インターネットで仮性包茎の手術をしてくれるクリニックを探したのですが、

 

たまたまキャンペーンをやっていて、仮性包茎の手術代が5万円だったので申し込みをしてお願いしました。

 

手術は部分麻酔で痛みを感じないように優しく手術してもらえたので、楽な気持ちで手術してもらえました。

 

手術の結果ですが、何も問題なく成功しました。

 

普通の状態でも勃起した状態でも綺麗に男性器の皮がむけた状態なので、

 

本当に良かったです。

 

これで人前で何も気にすることなく裸になれますし、性行為の悩みもなくなったので人生が以前より楽しくなりました。