勇気を持って包茎治療を受けよう

包茎治療について

包茎というのはペニスの皮が亀頭部分までかぶっていることを言います。

 

ペニスは陰茎と亀頭の2部分に分かれています。

 

小学生の場合ですとこのような状態となっていますが、

 

中学生の成長期にかけて亀頭にかかっている皮がめくれるようになってきます。

 

成人になってくると成長期が止まってしまうため、成人の時のペニスの状態で包茎かどうかがわかります。

 

1つ目の種類としましては真性包茎というものがあります。

 

真性包茎というのは亀頭にかかっている皮がめくれない状態のことを言います。

 

これは勃起時にも限らず、平常時もめくることができません。

 

2つ目の種類としましては仮性包茎というものがあります。

 

 

仮性包茎というのは亀頭にかかっている皮はめくれるが、

 

皮が余ってしまい通常時などで亀頭に皮がかぶってしまう状態のことを言います。

 

この包茎の状態になっている人が一番多くいます。

 

3つ目の種類としましてはカントン包茎というものがあります。

 

カントウ包茎は亀頭を剥くことができますが、陰茎部分を締め付ける状態のことを指します。

 

これらの包茎治療としましてはペニスの皮を切るという方法があります。

 

皮を切ることで亀頭部分における入り口を広げたり、余分な皮を排除できたりします。

 

包茎治療の治療費について

 

包茎治療はほとんど場合が手術をともなう治療となります。

 

包茎と言っても大きく分けると真性包茎と仮性包茎にわかれますが、

 

真性包茎の場合の包茎治療の場合は生活に支障を与えるような状態、

 

いいかえれば病気であると言うことを判断できれば健康保険が適用となります。

 

すべての真性包茎の患者さんが保険適用になると限ったわけではありませんが、

 

かなりの高確率で健康保険が適用される症状と判断されるようです。

 

しかしながら真性包茎の患者さんの健康保険適用の手術の場合費用はかなり安くなるのは確実でありますが、

 

保険が適用される治療法がきまっており、完全に包茎が解消されなかったり、

 

傷跡が残ったり、痛かったりとするような手術となります。

 

真性包茎であっても健康保険が効かないような専門病院や専門医の手術は

 

そのような危険性は少ないものと考えられますが、

 

治療費は健康保険が効かない分かなり高くなってしまうのも事実です。

 

もう一つの仮性包茎の場合には真性包茎の場合とは異なり、

 

生活に支障きたすような状態ではないと判断されることほとんどであり、

 

したがって健康保険が適用されないということとなります。

 

しかし、健康保険の適用されない真性包茎の治療費よりは多少は安いようです。